事故車を高く売却するコツを知ってる友人宅の広いガレージを借りてブレーキパッドを交換しました。
思ってたよりずっと簡単ですね。

タイヤを外してキャリパーのボルトを一本外すだけで交換可能です。
パッドを換えるだけなら左右で30分あれば十分出来ます。

ま、私の場合掃除魔なんで、ブラシでキャリパーやら細かい部品やらを
シコシコ磨きましたが。
本来はピストン戻しがあればベストですが、今回は持ってなかったので
片側のパッドを抜いて、キャリパーとディスクの間に出来た隙間に棒を入れてテコの
原理でグイグイ戻しました。

さて外したパッド、ディーラーでは「残り3mmをきったので早目に交換した方が」
と言われてましたが、見た目だとまだかなりの厚みがありました。
片押しのキャリパーですが、ピストン側(車体側)と反対側で減りに差があり、
外側のキャリパーに引っ張られる側の方が両輪とも減ってました。

購入後 5年 9万4千キロ パッド残量
キャリパー右の右 4.0mm 右の左 6.0mm
キャリパー左の左 3.6mm 左の右 5.0mm

左右のキャリパーで若干の減りの差はありましたが、問題の無い程度
だと思います。パッドもほぼ均一に削れてました。